iMac (2013 Late) SSD換装!

先日、我が家にやってきた中古iMac

改めて、スペックをまとめると

CPU:Core i5 2.7GHz(クアッドコア)

メモリ:8GB

ストレージ:HDD 1TB

実際動かしてみるとやっぱり動きがもっさり…

原因はわかりきっていますね!そうです、HDDです…

iPhoneやiPadはもちろん、MacBook ProもストレージはSSD、いわゆるフラッシュストレージですね!

それに慣れきった今、HDDの読み書き速度に耐えられる訳がありませんね( ;∀;)

ということで、早速SSDを手配し換装作業に入ることにしました=3

用意したもの

SSDの容量は500GBにしました。

MacBook Proは256GBで足りていること、データはiCloud(2TB)・Dropbox(6.8GB)でクラウド保管していることから、ローカルストレージに大容量は必要ないことにより判断しました。

  • ピザローラー
  • 使わなくなったポイントカード

ディスプレイのガラスパネルを剥がす時に使います

  • T10型トルクスドライバー

iMac内のHDDを固定しているネジを外す時に使います

SSD交換後ディスプレイのガラスパネルを固定する時に使います。

こちらの0.16mmという厚さがガラスパネルを再固定する時に邪魔にならず、変な隙間ができないのでオススメです。

  • 毛布

作業時に緩衝材代わりに床に敷きます。

 

作業開始

まず、ディスプレイのガラスパネルをはずしていきます。

ガラスパネルは筐体と両面テープで固定されているだけなので、隙間にピザカッターを入れ込んで、両面テープを剥がしていきます。

側面下部から上面の方にまわしていき、すきまを作っていきます。

※この時ピザカッターを深くまで入れすぎると、コネクター等内部を傷つけてしまうかもしれませんので注意が必要です。

両側面・上面ともある程度隙間ができたら、手で両面テープを剥がしガラスパネルを剥がしていきます。

結構しっかり粘着が効いているので、ちょっと力をかけてはがしていきます。

ガラスパネルの3面が剥がせると内部が見えてきます。

ガラスパネルと本体基板をつないでいるコネクタが2本あるのでこちらを外します。

1本(写真上部)は上にあげるとすぐはずれます。

もう1本(写真下部)の方はシルバーのレバー式ロックに爪をかけて上にはずすと、ケーブルをスライドしてはずすことができます。

ガラスパネルを引き上げると、内部右側にHDDが見えてきます(写真矢印部)

HDDを固定しているネジ4本をT10型トルクスドライバーではずしていきます。

すると黒いシリコンみたいなもので4隅を保護されたHDDが出てきますので、左にスライドしてコネクタからはずします。

これで内蔵HDDがとりはずせました( ・∇・)

ここにSSDをはめてあげて、逆の手順で戻してあげれば作業は完了です!

最後に両面テープを貼ってガラスパネルを閉じていきます。

この時両面テープの幅が5mmくらいの細いのがあればすごく綺麗に仕上がると思います。

 

データの移行

さて、それでは装着したSSDを使えるようにしていきましょう!

①command⌘+Rを押しながら電源を入れて復元モードを起動します。

②ディスクユーティリティをたちあげ

③SSDを選択し、消去してAFPSでフォーマットします。

④今回はTime Machineバックアップから復元するので、バックアップデータを選び

⑤インストール先にSSDを選択し

こちらが終われば完了です♪( ´▽`)

これで無事サクサクで静かにパワフルに動くiMacの完成です\(^o^)/

 

※今回の作業はAppleの保証の対象外となりますので、万が一作業する場合は自己責任でお願いします。

また保証期間中・AppleCare期間中のMacでこのような作業をした場合、保証の対象外となり、契約が無効となってしまいますので、当方ではオススメしません。

新しいMacのメモリやストレージは購入する時に多めのものを選択しておくことをオススメします。

 

中古で保証が切れてて、万が一失敗して壊れてもいいや!って覚悟がある場合は楽しい作業となることでしょう( ´∀`)ノ

iMac (2013 Late) SSD換装!」への2件のフィードバック

  1. 初めまして。
    非常に参考になりました。
    ちなみに復元モードに入るときに、wirelessキーボードでコマンドを受け付けないのですが、どのように実行されましたか?

    1. 返信遅くなりましてすみません…私の場合特に何もする必要なく実行できましたが、下記サイトが参考になるかもしれません。 https://apple-no-kajirikata.com/1962/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください